橋下氏との面会を中止 元慰安婦「会いたくない」

2013/5/24付
保存
共有
印刷
その他

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が24日に予定していた元慰安婦の韓国人女性2人との面会が急きょ中止になった。元慰安婦が「会いたくない」と難色を示し、支援団体が中止を決めた。

2人は韓国から来日中の金福童さん(87)と吉元玉さん(84)。市役所で24日午前11時から約30分間、橋下氏と会い、面会の様子は報道陣に公開される予定だった。

支援団体「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」によると、2人が「発言を撤回しない橋下氏に会ってどうなるのか」と抵抗感を示し、疲労で体調も悪化していたことから、韓国側の「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」が23日夜に面会中止の判断をした。

元慰安婦との面会について、橋下氏は「日本の責任は認める。優しい言葉をかけないといけない」として謝罪の意を示す一方、「当時、慰安婦制度は必要だった」との発言撤回には応じない意向を明らかにしていた。

支援団体が24日に公表した元慰安婦の声明では、橋下氏の謝罪方針を「謝罪パフォーマンスだ。2度も踏みにじられる必要はない」と批判し、「市長に会う価値も理由もない。面談を拒否する」と強調した。

大阪市に支援団体から面会中止の電話連絡があったのは24日午前8時10分ごろ。担当者は「前日の夕方まで面会に向けた連絡を取り合っていたが、中止の話は一切なかった」と困惑した様子で、「今後、仮に再面会の申し入れがあっても、調整は難しくなるだろう」と話した。

面会は支援団体が昨年9月、橋下氏の「強制連行の確たる証拠はない」との発言を受けて要請。この時は日程が合わず、今年4月末に再要請していた。大阪市内には多くの在日韓国人らが住むことから、橋下氏は「市長として意見を聞く」と述べており、面会は市長公務の位置づけだった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]