阪大、免疫機能抑制するたんぱく質特定

2013/5/24付
共有
保存
印刷
その他

 大阪大の審良静男教授らは、ウイルスなどの外敵から体を守る免疫機能の働き具合を制御しているたんぱく質を突き止めた。特定の遺伝子を欠損させたマウスを使った実験で明らかにした。関節リウマチなど免疫異常でおきる病気の解明やがんの新しい治療法の開発などに役立つとみている。

 研究成果は米科学誌「セル(電子版)」に24日掲載された。

 審良教授らはリンパ球の一種で免疫が活性化したときに働くT細胞にあるたんぱく質「Regnase―1」に注目。遺伝子操作でこのたんぱく質を持たないマウスを作製したところ、リンパ節が大きく腫れるなど免疫異常の状態になった。機能を詳しく調べると、T細胞が働きすぎないようにブレーキをかける役目を担っていた。

 このたんぱく質の働きを制御できるようになれば、免疫を活性化してがん細胞を攻撃する治療の実現につながるかもしれないという。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

審良静男大阪大免疫機能

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 14:00
13:06
北陸 12:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報