/

5月の世界気温、観測史上最高 米海洋大気局

【ワシントン=共同】米海洋大気局(NOAA)は23日、陸地と海洋を合わせた今年5月の世界の平均気温が約130年の観測史上で最も高かったとする分析結果を発表した。海面温度が過去最高だったことが影響したとみられる。

NOAAは5月の気温が特に高い年は最近数年に集中していると指摘している。エルニーニョなどの異常気象に加え、地球温暖化の進行が背景にある可能性もある。

NOAAによると、5月の世界の平均気温は15.54度だった。20世紀の平均気温を0.74度上回っており、観測記録が残る1880年以降で最高となった。これまで5月の気温が最も高かったのは、2010年に観測した15.52度。

地域別では、オーストラリアやスペイン、韓国、北米のアラスカなどで高温だった。日本でも5月に各地で気温30度以上の真夏日となるなど高温傾向が続いた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン