/

踏切で死亡した男性の自宅に妻の遺体 殺害後に自殺か

23日午後3時半ごろ、東京都日野市平山の京王線の平山城址公園駅近くの踏切で、八王子市堀之内2、無職、名取繁実さん(69)が高尾山口発新宿行き電車にはねられ死亡した。

同日夜、警視庁日野署員が所持品から名取さんが住むマンションを訪れると、妻のはま子さん(65)がリビングの床にひもが首に巻かれた状態であおむけで倒れているのが見つかった。はま子さんは間もなく死亡が確認された。

警視庁南大沢署によるとマンションの出入り口は施錠されており、荒らされた形跡もなかったという。同署は、名取さんがはま子さんを殺害した後に自殺を図った可能性もあるとして調べている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン