2018年11月18日(日)

17世紀の計算機、ロンドンで競売へ 持ち運びも可能

2013/8/24付
保存
共有
印刷
その他

ロンドンで競売される17世紀の機械式計算機=クリスティーズ提供・共同

ロンドンで競売される17世紀の機械式計算機=クリスティーズ提供・共同

【ロンドン=共同】競売大手クリスティーズは23日、17世紀後半に作られた“ポケットサイズ"の機械式計算機の競売を10月10日にロンドンで行うと発表した。「持ち運び可能な機械式計算機としては最も初期に作られたものの一つ」で、現存している同型機は世界で数個のみの珍品という。

同社は落札価格を7万~10万ポンド(1080万~1540万円)と予想している。

計算機は縦14.5センチ、横32.5センチの木製の箱状で、ふたの内側には24個の回転式ダイヤルが付いている。1670年代にフランスで製造され、足し算や掛け算などの四則計算ができるという。

機械式計算機は17世紀前半に発明されたとされるが、最も初期のものは大きく、持ち運びには向いていなかった。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報