慢性疲労症候群の痛み、免疫細胞活性化が原因 名大教授ら

2014/5/26付
保存
共有
印刷
その他

名古屋大大学院医学系研究科の木山博資教授(機能組織学)らの研究グループは26日までに、慢性疲労症候群(CFS)患者が感じる痛みは、脳や脊髄内の免疫機能を担う細胞「ミクログリア」の活性化が原因の一つとなって引き起こされる可能性が高いとの研究結果を、国際科学誌電子版に発表した。

CFSは痛みや強い疲労感が半年以上続き、睡眠障害などを引き起こすが、痛みの原因は不明だった。木山教授は「ミクログリアの活動…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]