/

心臓分泌ホルモンががん転移防ぐ仕組み解明 循環器病センター

国立循環器病研究センターは23日、心臓から分泌されるホルモンががんの転移を防ぐ仕組みを突き止めたと発表した。ホルモンが血管を保護し、がん細胞が血管のすき間から侵入するのを妨げていた。

がんが心臓に転移しない理由を明らかにした成果で、他の臓器へのがん転移を防ぐ治療法に応用できる可能性もあるという。

がんは様々な臓器に転移するが、一般に心臓では起こらない。研究チームは心臓から分泌されるホルモンで、心不全の治療に使われる「心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)」を投与したがん患者は、がんの再発が少ないことを見つけた。

そこで、遺伝子組み換え技術を使い、ANPと結合するたんぱく質が血管にできないマウスを作った。がん細胞を投与し2週間後の肺への転移具合をみると、通常の約3倍に増え、心臓にも転移した。

逆に結合たんぱく質が過剰にできるマウスは転移が約15%に減った。

ANPは血管を保護してがん細胞の通過を妨げていた。動物実験では肺や乳、大腸がんなどで転移を防ぐ効果を確認した。ただし、もともとあるがんを小さくする作用はないという。

臨床応用では、がんの摘出手術の際に投与する方法が考えられる。血管内のがん細胞は転移しなければ数日で死滅する。この期間をANPで守れば、転移を防げる可能性があるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン