2019年1月21日(月)

中越地震から9年、被災地で追悼式

2013/10/23付
保存
共有
印刷
その他

68人が亡くなった新潟県中越地震から9年となる23日、被災地では追悼式や復興イベントが催された。小千谷市で開かれた県などが主催する「新潟県中越大震災9周年10.23のつどい」には約230人が参列。泉田裕彦知事は「復興への道のりを歩んできた被災者の力強さに敬意を表する」と述べた。

小千谷市の細金剛さん(61)は「あちこちで悲鳴が聞こえ、家が倒壊するのではないかと不安がよぎった」と当時を振り返った。地震後に集落住民の元気がなくなるのを見て、地域活性化への取り組みを開始。グリーンツーリズムなどを推進し「住民同士のつながりができた」と話した。

また、一時全村避難した旧山古志村(現長岡市)ではこの日、地震関連の展示スペースと地域の交流拠点となる「やまこし復興交流館おらたる」がオープン。多くの住民が訪れた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報