/

マアナゴ、産卵場所は沖ノ鳥島の南380キロ

水産総合研究センターが発見

水産総合研究センターは23日、すしや天ぷらの食材として使われるアナゴ科の魚「マアナゴ」の産卵場所を突き止めたと発表した。日本最南端の沖ノ鳥島の南約380キロメートルで、ふ化後間もない仔魚(しぎょ)を採取。付近の海底山脈の上が産卵場所と特定した。マアナゴは2008年までの14年間で漁獲量が半減。産卵場所の特定は親魚の保護に役立つ。

研究には東京大学、九州大学も参加した。08年9月にマアナゴの仔魚を採取。最も若い仔魚は全長5.8ミリメートルで歯やあごがなく、ふ化後3~4日の特徴を備えていた。

近くに産卵場所があると推定し、発見場所の約100キロメートル西に位置する九州・パラオ海嶺(かいれい)上で生まれ、海流に乗って流れてきたと結論づけた。ニホンウナギも海嶺上で産卵しており、ウナギ目魚類の共通の特徴と考えられるという。

マアナゴは日本の沿岸域で捕れるが、成熟した親魚が捕獲されたことはなく、産卵場所が謎だった。今回の研究で産卵場所は推定できたが、親魚が日本沿岸を離れて九州・パラオ海嶺に向かうルートは不明で、今後の課題として研究を進める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません