発砲警官の無罪確定へ 栃木・職質中国人死亡

2013/4/24付
保存
共有
印刷
その他

栃木県で2006年、職務質問に抵抗した中国人男性に発砲し死なせたとして、付審判決定を受けて特別公務員暴行陵虐致死罪に問われた栃木県警警察官、平田学被告(37)の上告審で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は23日までに、検察官役の指定弁護士の上告を棄却する決定をした。一、二審の無罪判決が確定する。22日付。

灯籠の石を手に持った男性に、威嚇射撃なしで発砲したことの是非が争点となり、一審・宇都宮地裁は「被告の判断は合理的で正当防衛に当たる」として無罪とし、二審・東京高裁も支持した。

判決によると、平田被告は巡査だった06年6月、同県西方町(現栃木市)の路上で中国人男性(当時38)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕しようとしたが抵抗され、腹に発砲し死亡させた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]