/

この記事は会員限定です

納税優良企業、税務調査の負担軽減 頻度少なく

国税庁、まず十数社に適用

[有料会員限定]

国税庁は、税務に関するコーポレートガバナンス(企業統治)の体制が優れていると認められる大企業を対象に、1~3年に1回行っている税務調査の頻度を減らす新制度を始めた。7月からまず、十数社に適用、対象企業を順次、増やす。公務員改革などで国税職員が減る中、税に関するコンプライアンス(法令順守)意識の高い企業の調査を省略。国際的な租税回避策など複雑化する調査に限られた人的資源を有効活用する狙いがある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン