/

都内の放射線量「健康に影響なし」 100カ所で測定

東京都が都内100カ所を対象に実施した大気中の放射線量の測定結果が23日、出そろった。線量は毎時0.20~0.02マイクロシーベルトで、計13カ所で同0.10マイクロシーベルトを上回った。23区東部が高めで多摩地域が低めだったが、都環境保健課は「いずれも健康に影響を与えるレベルではない」としている。

測定は区市町村の要望を受けて15~22日に実施した。都職員が2班体制で公園や学校を回り、持ち運びできる測定器で放射線量を調べた。

放射線量が最も高かったのは葛飾区の花の木小学校で、高さ1メートルの地点で毎時0.20マイクロシーベルト。そのほか、江戸川、墨田、足立、北の4区でも同0.10マイクロシーベルトを上回った。最低は八王子と町田の計2市5地点で、同0.03マイクロシーベルトだった。

一方、高さ5センチメートルでは毎時0.19~0.02マイクロシーベルトで、計8区13地点で同0.10マイクロシーベルト以上の値が測定された。最高は高さ1メートルと同様に葛飾区の花の木小学校。最低は八王子市の宇津貫公園で測定された同0.02マイクロシーベルトだった。 都は各地点の測定結果について、都健康安全研究センター(新宿区)のホームページで公表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン