2018年9月24日(月)

回収機構、振興銀前会長らを提訴 債権高額買い取りで損害

2011/8/23付
保存
共有
印刷
その他

 整理回収機構は23日、経営破綻した日本振興銀行が回収見込みの低い債権を商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド)から高額で買い取る決済をし、同行に損害を与えたなどとして、同行前会長、木村剛被告(49)=銀行法違反(検査忌避)罪で起訴=ら旧経営陣7人に50億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 7人は木村前会長のほか、社外取締役だった小畠晴喜(作家名・江上剛)氏(57)や平将明・衆院議員(44)ら。日本振興銀行は昨年9月に経営破綻。預金保険機構が管財人に選任され、破綻までの経緯について調査を行っていた。振興銀の破綻処理では、預金の払い戻しを元本1千万円までとその利息とするペイオフが初めて適用された。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報