/

「きぼう」情報流出か JAXAに不正アクセス

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日、JAXAのコンピューターへ外部から不正なアクセスがあり、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の作業手順書や運用関係者のメールアドレスが流出した可能性があると発表した。

地上の管制室からきぼうを操作するシステムはインターネットにつながっていないため、きぼうの運用に支障はないとしている。JAXAによると、4月18日に情報を管理しているコンピューターを定期点検した際、17日に外部から侵入があったことを示す通信記録を発見した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン