/

大賀典雄・元ソニー社長が死去

(更新)

元ソニー社長で映画・音楽事業など多角化、国際化に貢献、音楽家としても知られる大賀典雄(おおが・のりお)氏が23日午前9時14分、多臓器不全のため死去した。81歳だった。葬儀は近親者のみとし、社葬は後日行う。喪主は妻、緑さん。

静岡県生まれ。東京芸大音楽学部在学中に創業者の井深大、盛田昭夫両氏と知り合った。1953年同大卒。オペラ歌手を目指していたが、独ベルリン国立芸術大卒業後の59年、盛田氏の強い説得でソニーに入社。64年取締役、82年社長就任。95年会長、2000年に取締役会議長に就任した。03年名誉会長、06年から相談役。

東京商工会議所副会頭や経団連副会長も歴任。社長職を退いてから音楽活動を再開し、東京フィルハーモニー交響楽団の会長や理事長を務めた。

03年1月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン