/

佐久間象山の「借金通帳」 蘭和辞典づくりで金策

佐久間象山(国立国会図書館蔵)=共同

幕末の思想家、佐久間象山(1811~64年)が蘭和辞典を作るため金策に奔走していたことを示す借金通帳などが4月1日から丸善日本橋店(東京)で初公開される。

象山が仕えていた信州松代藩に、幕府編さんの蘭和辞典「ハルマ辞書」に新語を取り入れて改訂しようと願い出たことは知られていた。実際に借金し、辞書が製作途中だったことを裏付ける史料の公開は初めて。

初公開される佐久間象山の借金通帳=共同

借金通帳は、松代藩から「金千両」借用の約束を取り付け、1849(嘉永2)年から翌年までの間に17回に分け計451両を借りたことを記録した冊子。辞書の版木の一部分が作られていたことも記されている。

松田清京都外大教授(洋学史)は「海の防衛のため、科学技術導入に必要なオランダ語普及を訴えた象山の開明性と熱情が感じられる」と話している。

史料は古書を扱う名雲書店(群馬県高崎市)が8年前に発見、所蔵していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン