2019年1月23日(水)

近未来通信事件、元社長の情報に弁護団が懸賞金

2010/7/24付
保存
共有
印刷
その他

近未来通信被害対策弁護団は24日までに、近未来通信の元社長、石井優容疑者(54)=国際手配=が中国に潜伏している可能性があるとして、身柄拘束につながる情報に10万元(約130万円)の懸賞金を出すと発表した。

弁護団はホームページで日本語のほか、中国語と英語で有力情報を募集し、中国大使館にも協力を要請。「海外逃亡中の容疑者に対し、私的な懸賞金をかけるのは極めて珍しい」としている。

弁護団長の紀藤正樹弁護士は「元専務の日置茂被告に実刑判決は出たが、首謀者である石井容疑者の逃亡で被害回復はまったく進んでいない。中国の民間の力も借りたい」と話した。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報