/

この記事は会員限定です

銭湯であったか交流、庶民の文化再発見 ペンキ絵観賞など

[有料会員限定]

古びた番台にタイル張りの床、湯気の向こうには富士のペンキ絵……。昔ながらの銭湯の雰囲気を生かしたイベントが都内で盛んだ。職人がペンキで絵を描く姿を観賞したり、広い洗い場でヨガ教室や古本市を開いたり。時代とともに銭湯が減少するなか、交流の場としての魅力が見直されている。専門家は「ふれあいを求める現代人の心理の表れ」とみる。

作業台に並べられた赤、青、黄、白の4色のペンキ缶。脚立によじ登った男性絵師が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン