2019年8月24日(土)

銭湯であったか交流、庶民の文化再発見 ペンキ絵観賞など

2010/3/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

古びた番台にタイル張りの床、湯気の向こうには富士のペンキ絵……。昔ながらの銭湯の雰囲気を生かしたイベントが都内で盛んだ。職人がペンキで絵を描く姿を観賞したり、広い洗い場でヨガ教室や古本市を開いたり。時代とともに銭湯が減少するなか、交流の場としての魅力が見直されている。専門家は「ふれあいを求める現代人の心理の表れ」とみる。

作業台に並べられた赤、青、黄、白の4色のペンキ缶。脚立によじ登った男性絵師…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。