/

中国でフジタ社員ら4人取り調べ 新華社「軍事区域に侵入」

(更新)

【北京=多部田俊輔】中国国営の新華社は23日、中国河北省石家荘市の国家安全機関が、同省内の軍事管理区域に侵入したという理由で日本人4人を調べていると報じた。4人が最近、軍事的な機密対象物を違法に撮影していたとしている。4人はゼネコンのフジタの男性社員ら。北京の日本大使館は「中国側と連絡を取っている」としている。

報道などによると、取り調べを受けている日本人のうち1人の氏名は「高橋定」で、ほかの3人の名前は明らかでないが、日本の建設会社関係者で旧日本軍が遺棄した化学兵器関連事業の準備の目的で現地に来ていたという情報もある。4人の身柄拘束が続いているかどうかは不明だが、中国側は法律に基づいた措置を取っていると強調している。

フジタによると、4人のうち2人は日本からの出張で、残る2人は現地法人への出向中。

中国では外国人居住者や観光客が、軍事管理区域と気付かずに侵入したり、施設を撮影したりして警察当局の事情聴取や取り調べを受けるケースがしばしばあるが、中国メディアがこうした事実を報じるのは異例。

日中間では尖閣諸島沖で海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件が発生し、中国側は逮捕・拘置中の中国人船長の無条件釈放を要求している。今回の邦人取り調べが同事件と関係しているかどうかは、今のところ断定できない状況にある。

フジタの話 4人が当社の社員であることは確認した。詳しい状況については調査中。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン