/

自閉症、表情より言葉重視 東大、関係する脳の領域特定

自閉症の人は相手が友好的かどうかを判断する際、表情より言葉の内容を重視する傾向があり、この傾向に「内側前頭前野」という脳の領域が関わっていることを、東京大の研究チームが米オンライン科学誌プロスワンに23日発表した。人とうまく意思疎通できないコミュニケーション障害の客観的な診断法や新たな治療法の開発につながる成果という。

知的障害のない自閉症と診断された成人男性15人が調査に参加。「ひどいね」など否定的な言葉を俳優が明るく笑顔で話している画像と、「素晴らしいね」など肯定的な言葉を嫌悪感を示す表情と声音で話している画像を見てもらい、友好的か敵対的かどちらに感じるかを調べた。同時に、脳活動の変化を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で測定した。

その結果、表情や声音より言葉を重視して友好的かどうか判断する傾向があり、内側前頭前野と呼ばれる、他人の意図や感情の理解に関わる脳の領域の活動は低下していることが判明。この領域の活動が弱い人ほど、コミュニケーション障害が重いことも分かった。

自閉症でない成人男性17人に同じ調査をしたところ、言葉よりも表情を重視していることが多く、内側前頭前野が強く活動していた。

山末英典准教授は「自閉症の患者には、表情と言葉が食い違う冗談や皮肉が通じにくいことが知られていたが、今回の結果でそれが裏付けられた」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン