2018年11月16日(金)

森内、4期ぶり名人返り咲き 将棋名人戦で羽生下す

2011/6/22付
保存
共有
印刷
その他

将棋の羽生善治名人(40)に森内俊之九段(40)が挑戦していた第69期名人戦7番勝負の第7局は21日から甲府市の常磐ホテルで指され、22日、123手で先手の森内九段が勝ち、対戦成績4勝3敗で4期ぶり(通算6期)の名人位に返り咲いた。

森内九段は3連勝後に3連敗を喫したが、最後は踏みとどまった。7番勝負で、3連勝3連敗から挑戦者がタイトルを奪取したのは初めて。

無冠を返上した森内名人は横浜市出身。2002年に名人となり、07年には通算5期獲得で「永世名人」の資格を得た。

羽生前名人は名人戦史上初となる大逆転での4連覇を逃し、王座・棋聖の2冠に後退した。

〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報