/

文化勲章受章者の略歴と業績

文化勲章受章者の略歴と業績は次の通り。(敬称略)

有馬朗人(ありま・あきと)東大名誉教授。原子核物理学の研究で優れた業績を残したほか、文相などとして日本の教育振興に貢献した。

安藤忠雄(あんどう・ただお)建築家。優れた建築作品を多数発表し、日本の現代建築を世界に認知させた。

鈴木章(すずき・あきら)北海道大名誉教授。世界に先駆けて有機ホウ素化合物を使った独創的な反応を開発し、医薬品や電子材料の製造などに多大な貢献をした。

蜷川幸雄(にながわ・ゆきお)演出家。躍動感あふれる演出で演劇界に新風を吹き込み、多数の優れた舞台を手掛けた。後進の育成にも手腕を発揮した。

根岸英一(ねぎし・えいいち)米パデュー大特別教授。パラジウム触媒によるクロスカップリング反応の研究に取り組み、世界的に優れた業績を挙げた。

三宅一生(みやけ・いっせい=本名・みやけ・かずなる)服飾デザイナー。独自の発想のデザインで国際的にも高い評価を獲得し、芸術文化の発展に尽くした。

脇田晴子(わきた・はるこ)滋賀県立大名誉教授。中世日本の商業史や都市史、女性史などで通説を覆す業績を挙げたほか、石見銀山の世界遺産登録にも尽力した。

写真は右から、有馬朗人氏、安藤忠雄氏、鈴木章氏、蜷川幸雄氏、根岸英一氏、三宅一生氏、脇田晴子氏=共同

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン