/

女性1人を解放、人質は4人に 信金立てこもり

愛知・豊川

(更新)

22日午後2時18分ごろ、愛知県豊川市蔵子6の豊川信用金庫蔵子支店に刃物を持った男が押し入り、女性客1人と職員4人を人質に取り、支店内に立てこもった。午後9時半すぎに女性客1人が解放された。女性客と残った4人にけがはないという。男は金銭の要求はしておらず、県警の捜査員が電話で説得にあたっている。

愛知県警や豊川信金によると、人質となっていたのは客として訪れた同市内の女性(48)のほか、男性支店次長(41)と19歳と27歳、55歳の女性職員3人。このうち客の女性が解放された。

男は侵入した後、ATMコーナーで客の女性を羽交い締めにし、刃渡り10センチ程度の刃物を突きつけて「(入り口の)シャッターを閉めろ」と要求。10人分の食料や飲み物、たばこ、拡声器を求め、夜になると外を照らす投光器も要求した。侵入した際、報道関係者を呼ぶことや、野田佳彦首相の退陣を求めるような言葉も口にしていた。金銭的な要求はなかった。

男は50歳代とみられ、県警の捜査員が人質の支店次長を通じ、電話でやり取りしている。男は人質に代わる代わる刃物を突きつけているという。

午後5時すぎに、男の要求に応じて拡声器とたばこ3箱、ライターを信金裏口に袋に入れて置くと、人質とみられる人が回収。午後9時20分ごろには県警が食事と引き換えに女性の人質4人の解放を求めたが男は拒否。交渉の結果、1人が解放されることになった。

同支店には発生当時、外回り中の営業担当者らを除く職員9人と客2人がいた。客1人は自力で脱出。男は次長を指名して「こいつだけ残れ」と言い男性職員3人に店の外に出るように指示し、女性職員2人も外に出した。

県警は捜査1課など約150人態勢で、男の説得や内部の情報の把握を進める。同支店から半径数百メートルの範囲で規制線を引き、周囲に警察官を配置し、車両や住民の出入りを制限している。

現場は名鉄豊川線八幡駅から南東に約1キロで住宅や商店が立ち並ぶ一角。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン