/

東電元幹部ら告訴の団体「厳正な捜査を」 地検に要望

東京電力福島第1原発事故を巡り、当時の東電幹部ら33人を業務上過失致死傷容疑などで告訴・告発した福島県民らでつくる「福島原発告訴団」が22日、厳正な捜査を進めるよう求めた上申書を東京地検に提出した。

上申書には告訴団ら4万265人分の署名も添えた。提出後にはメンバー数百人が東京・霞が関の法務・検察合同庁舎前に集まり、「地検は起訴せよ」などと記した紙を掲げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン