/

「昭和65年製」の硬貨使う 模造1万円で男逮捕

茨城県警つくば中央署は23日までに、コンビニで一万円記念硬貨の模造品を使ったとして、同県つくば市高野、建築作業員、長谷川三郎容疑者(47)を詐欺の疑いで逮捕した。

「昭和六十五年」と記されていたことから、売上金を確認した男性店長(60)が不審に思い、発覚した。

逮捕容疑は21日午前11時40分ごろ、つくば市内のコンビニで、一万円記念硬貨の模造品を使って清涼飲料(147円)を購入し、お釣りをだまし取った疑い。

同署によると、長谷川容疑者は「(硬貨を)使えると思った」と容疑を否認している。

硬貨には年号のほかに、上部に穴が開いているなど不自然な点が多くあった。防犯ビデオの映像から長谷川容疑者が浮上した。

造幣局(大阪市)によると、記念硬貨は1964年の東京五輪から製造され、額面は最高10万円。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン