/

改定常用漢字表、30日に内閣告示 閣議で正式決定

政府は24日の閣議で、日常生活で使う漢字の目安となる「常用漢字表」に196字を追加し、5字を削除して計2136字とする新たな漢字表を30日に内閣告示することを正式に決めた。

告示を受けて行政機関が公文書の表記を変えるほか、法務省が名前に使える人名用漢字を入れ替える省令改正を行う。文部科学省も中学校学習指導要領を一部改訂する。

常用漢字表の改訂は1981年の制定以来初めて。パソコンや携帯電話など情報機器の普及に対応し、手書きでは難しい画数の多い字などが追加される。文化審議会が2005年から改訂案を審議し、今年6月に文科相に答申した。

(次のページに追加された漢字と削除された漢字の一覧)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン