/

富士山入山料、1000円で決定 今夏から

静岡、山梨両県などは22日、今夏から本格実施する富士山の入山料(保全協力金)を千円とすることを正式に決めた。任意で支払いを求め、トイレの新設・改修、救護所の拡充などに使う方針。

徴収期間は夏の登山シーズン(山梨側が7月1日~9月14日、静岡側が7月10日~9月10日)。5合目から山頂を目指す登山者を対象に24時間徴収する。原則として人員を配置して支払いを求めるが、夜間の徴収コストを抑えるため、インターネットやコンビニでも支払えるようにする。

両県は将来的には強制徴収も視野に入れ、条例制定を含めて検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン