2019年2月16日(土)

スカイツリーのエレベーター、強風で停止
第2展望台、早めに営業打ち切り

2012/5/22付
保存
共有
印刷
その他

22日開業した東京スカイツリー(東京・墨田、634メートル)で午後5時45分ごろ、第1展望台とその上にある第2展望台を結ぶエレベーターが強風のため運行を停止した。運営会社は約20分後、下りの運転を再開、第2展望台の来場者約200人を下ろした。上りは再開させず、午後10時に予定していた第2展望台の営業を午後7時36分に打ち切った。混乱などはなかったが、一部の来場者は第2展望台に行けず、不満の声が上がった。

スカイツリーには地上と高さ350メートルの第1展望台「天望デッキ」を結ぶエレベーターが4基、第1と高さ450メートルの第2展望台「天望回廊」を結ぶエレベーターが2基ある。

運営会社の東武タワースカイツリー(東京・墨田)によると、周辺では当時、秒速12~13メートルの風が吹いていたという。深夜にかけて同15メートルの強風になると予想されたことから、安全を確保するため自主的にエレベーターの停止を決定。午後5時15~38分の間、運行本数を減らしたのに続き、午後5時45分から午後6時5分まで上下とも停止させた。

第1展望台への入場は7月10日までは完全予約制となっている。同社は第2展望台へのチケットを購入したのに上れなかった客について、料金を払い戻すなどの措置をとる。同社は「来場者に迷惑をかけたことを深くおわびする。安全を最優先に考えた措置であり、理解を得られると考えている」(広報宣伝部)と説明している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報