インフルワクチン、冬に不足も 厚労省は買い占め警戒

2011/9/22付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は22日、この冬に供給予定の季節性インフルエンザのワクチンが約2700万本になると発表した。需要予測は約2771万~2798万本で供給量を上回っており、ワクチンが不足する可能性がある。供給元の一つである第一三共が、予定していた236万本を出荷できなくなったことが原因。

同省は都道府県に対し、医療機関による買い占めや在庫の偏りが生じないよう、在庫量の把握や分割納入などの徹底を通知する方針。医療機関からの初回注文量が前年の実績を上回らないよう指示するほか、過剰発注で流行期が終わった後に大量返品した医療機関名の公表も検討している。

第一三共の22日の発表によると、グループ会社が製造するワクチンに鳥類の関節炎を引き起こすトリレオウイルスが混入していたことが判明。供給を計画していた478万本のうち236万本を出荷できなくなった。120万本を追加生産し、最終的に362万本の供給を目指すという。

厚労省は「過去の使用実績は製造量を下回っており(第一三共の供給が減っても)需給への影響は少ない」としている。ただ昨年までは需要予測の最大値を上回る供給量を確保していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]