/

ピロリ菌、見逃さない 岡山大が高精度検査薬開発

岡山大の横田憲治准教授(細菌学)らのチームは22日、胃がんや胃潰瘍の原因になるとされるピロリ菌の新たな検査薬を開発したと発表した。日本人が多く感染するタイプの菌の細胞を利用して作っており、欧米人の菌を使った検査薬より見逃しを減らせ、精度を高められるとしている。

ピロリ菌を持っているかどうかを確認する手段の一つは、ピロリ菌の細胞を抗原として利用して作った検査薬で、血液中の抗体の量を調べる方法だ。

チームによると、ピロリ菌には遺伝子の違いによりさまざまなタイプがあり、人種によって感染するタイプが異なる。抗体は多くのタイプにある程度反応することから、欧米人の菌を使った検査薬でも大半が検出できるが、4~5%は陰性と誤判定される可能性があるという。

日本人の菌を使った検査薬の方がより高い精度で検出できるため、新検査薬は日本人の菌のうち8~9割を占めるタイプを使用した。約200人の血液で調べた結果、誤判定を全体の1%以下に抑えられた、としている。

ピロリ菌は保菌者の全てが胃がんになるわけではないが、除菌が効果的といわれる。新検査薬は既に厚生労働省の承認を受けており、横田准教授は「胃がんの予防に役立つ」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン