2018年10月18日(木)

「白斑」被害、他社製でも相談52件 消費者庁

2013/8/22付
保存
共有
印刷
その他

カネボウ化粧品の美白化粧品で肌がまだらに白くなる「白斑」の被害が相次いでいる問題で、消費者庁は22日、カネボウ以外の複数社の化粧品でも「肌の色が抜けた」などの被害を訴える相談が全国の消費生活センターに15日時点で52件寄せられたと明らかにした。

消費者庁によると、相談は「首や顔の色が抜けた」「白いしみができた」などの内容。カネボウが問題のあった製品の自主回収を始めた7月4日以降に寄せられた相談が大半だった。医療機関からの情報提供はなく、症状と各社の化粧品との因果関係は分かっていない。

厚生労働省は今月8日に、カネボウ以外の化粧品メーカーにも同様の被害がないか点検を要請した。同庁は厚労省に相談内容を逐次伝えている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報