/

サトウ食品に販売差し止め・賠償命令 切り餅訴訟

知財高裁、切り込み技術巡り越後製菓の損害認定

側面に切り込みの入った越後製菓製の切り餅(手前)と、側面と上下の面に切り込みが入ったサトウ食品工業製の切り餅(点線は切り込み部分に書き加えたもの)=共同

切り餅がきれいに焼ける「切り込み」技術に関する特許権を侵害されたとして、越後製菓(新潟県長岡市)が、サトウ食品工業(新潟市)に商品の製造差し止めや59億4千万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が22日、知的財産高裁であった。飯村敏明裁判長はサトウ食品工業に、製造・販売の禁止と在庫品、製造装置の廃棄のほか、約8億円の賠償を命じた。

また、判決確定前でも強制執行ができる仮執行のほか、在庫品、製造装置の廃棄を認めた。

越後製菓は2008年、切り餅の側面に切り込みを入れることで、焼くときれいに膨らむ技術での特許を取得。サトウ食品工業は製品の側面に加え、上下面にも十字に切り込みを入れて「サトウの切り餅」など5商品を販売していた。

知財高裁は昨年9月、サトウ食品工業の特許侵害を認める中間判決を出し、賠償額などを双方が争っていた。

判決理由で、飯村裁判長は「側面に切り込みがあれば、越後製菓の発明の範囲に含まれる」との判断を示した。

判決は(1)サトウ食品工業が03年ごろから、切り餅がふっくら焼けることを積極的に宣伝していた(2)切り込みが広く知られた――などと指摘。「越後製菓の特許がサトウ食品工業の売り上げ増加に相当程度、寄与した」と認定した。

その上で、売上高や切り込みの貢献度などを考慮し、越後製菓の損害額を約8億円と算定した。

サトウ食品工業によると、同社の年間売上高約270億円のうち、5商品は約2割を占める。

知財高裁は昨年9月、サトウ食品工業の特許侵害を認める中間判決を出し、賠償額などを双方が争っていた。

越後製菓の話 主要な主張が認められたが、和解で解決できず残念。

サトウ食品工業の話 判決に強い不服があり、上告して引き続き主張していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン