裁判員の死刑二審支持、長野一家殺害 弁護側は即日上告

2012/3/22付
保存
共有
印刷
その他

長野市で2010年3月、建設業、金文夫さん(当時62)一家3人を殺害し現金を奪ったなどとして、強盗殺人などの罪に問われた水道設備工、松原智浩被告(41)の控訴審判決が22日、東京高裁であった。井上弘通裁判長は「被告の情状を最大限考慮しても、死刑はやむを得ない」として裁判員裁判による一審の死刑判決を支持、被告側控訴を棄却した。弁護側は即日上告した。

裁判員裁判で一審で死刑とされた被告について、高裁…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]