/

「すき家」に強盗、容疑の男再逮捕 東京・町田

牛丼チェーン店「すき家」に押し入り、現金を奪ったとして、警視庁町田署は22日までに、住所不定、無職、太田剣司被告(23)を強盗の疑いで再逮捕した。同署によると、「今年初めに店を訪れた際、店員が1人しかおらず、強盗するならこの店だと思った」と供述し、容疑を認めている。

逮捕容疑は7月12日午前2時半ごろ、東京都町田市原町田1の「すき家JR町田駅南口店」に包丁を持って押し入り、「金を出せ、殺すぞ」とアルバイト店員の男性(25)を脅し、レジから現金約4万6千円を奪った疑い。

太田容疑者は7月、東京都台東区のコンビニエンスストアで発生した強盗事件で逮捕、起訴されている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン