2019年1月24日(木)

竹中工務店が1億9000万円所得隠し 大阪国税局指摘

2013/3/22付
保存
共有
印刷
その他

ゼネコン大手の竹中工務店(大阪市)が大阪国税局の税務調査を受け、子会社への費用計上を巡り2011年12月期までの3年間で約1億9千万円の所得隠しを指摘されていたことが22日、分かった。経理ミスなどもあり、申告漏れの総額は約3億3千万円で、追徴税額は重加算税を含め約1億円。同社はすでに修正申告し、全額納付した。

同社などによると、同社は子会社の竹中土木(東京都江東区)への外注費などとして計約1億9千万円を計上。国税局は「子会社が下請け業者に支払うべき費用を肩代わりした資金援助で、寄付金に当たる」として、仮装・隠蔽を伴う所得隠しと判断したとみられる。

このほか、竹中工務店は、売り上げ計上時期を誤るミスをしたり、地元業者への発注工事の見積もりで計上した経費が実際より高く、差額は交際費に当たると認定されたりし、約1億4千万円の申告漏れを指摘された。

竹中工務店は「見解の相違はあったが、国税局の指摘に従った」としている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報