/

裁判員裁判初の全面無罪 千葉地裁判決、覚せい剤密輸で

成田空港に到着した際、覚せい剤を持ち込んだとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)と関税法違反の罪に問われた相模原市の会社役員、安西喜久夫被告(59)の裁判員裁判で、千葉地裁(水野智幸裁判長)は22日、無罪(求刑懲役12年、罰金600万円)の判決を言い渡した。最高裁によると、裁判員裁判で全面無罪の判決は初めて。

水野裁判長は判決理由で「土産として他人に渡すためにチョコレート缶を預かったという被告の話は作り話とはいえない。違法薬物が隠されている事実について、分かっていたはずとまではいえない」と指摘した。

判決後、裁判員を務めた女性は記者会見で「有罪が立証されなかったので無罪は正しい判決と思っている」と話した。

公判で安西被告は「(覚せい剤が)缶の中に入っていると知らずに持ち込んでしまった」と起訴内容を否認。弁護側も密輸の故意がないとして、無罪を主張した。検察側は覚せい剤が安西被告の荷物から見つかった点などから存在を知っていたと指摘した。

安西被告は昨年11月、マレーシアの空港から成田空港に到着した際、覚せい剤1キロ弱をボストンバッグに隠して持ち込んだとして起訴された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン