/

山口組ナンバー2に実刑判決 弁護側は即日控訴

(更新)

あいさつ料名目で建設業の男性(67)から計4千万円を脅し取ったとして、恐喝罪に問われた指定暴力団山口組ナンバー2で、弘道会(名古屋市)会長の高山清司被告(65)に、京都地裁は22日、懲役6年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

小倉哲浩裁判長は、高山被告が暴力団をバックに、仕事をするよう求めたとの男性の証言について「信用性が認められる」と判断。「(高山被告は)威力を背景に金を払うよう求めた。身勝手で酌量の余地はない」と指摘した。

高山被告は公判で「恐喝しようと思ったことはない」と無罪を主張。弁護側は最終弁論で「会食しただけ。ありふれたあいさつをしたにすぎない」と反論していた。

判決によると、高山被告は土木建設工事の受注などに関するあいさつ料名目で2005~06年、男性から京都市内のホテルなどで計4千万円を脅し取った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン