/

実教出版の日本史教科書、採択されず 都教委が記述問題視

東京都教育委員会は22日、2014年度に都立高校で使う教科書を採択した。国旗掲揚と国歌斉唱に関する記述を都教委が問題視した実教出版(東京)の日本史教科書は、使用を希望する学校がなく、採択されなかった。

実教出版の教科書「高校日本史A」と「高校日本史B」は、国旗掲揚と国歌斉唱について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述。都教委は6月、「都教委の考え方と異なり、使用は適切ではない」との見解を議決し、各校に通知していた。

この教科書を巡っては、大阪府教委が「記述が一面的」との見解を表明。神奈川県では28校が県教委の意向で希望を取り下げ、採択対象から外れた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン