/

水星にミッキーマウス? 顔に似たクレーター、米探査機が撮影

米航空宇宙局(NASA)は22日までに、ミッキーマウスそっくりに見える水星の地形の画像を公開した。水星探査機メッセンジャーが撮影した。

3つのクレーターが重なってできた地形が、大きな顔とミッキーの特徴である丸い2つの耳のように見える。水星の南側にあるマグリットと呼ばれる大きなクレーターの一部で見つかった。

撮影したときは、太陽の光が低い角度から当たっていたため、クレーターのくぼみが際立ち、よりくっきりとミッキーの顔が浮かび上がっていたという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン