2019年2月19日(火)

地震動に共振し脱線 震災時の東北新幹線、運輸安全委

2013/2/22付
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災の際、東北新幹線がJR仙台駅構内の高架橋で脱線する事故があり、運輸安全委員会は22日、地震動に共振して橋の横揺れが増幅、車輪のフランジ(つば)がレール面に滑り上がったとする調査報告書をまとめた。

2011年3月11日午後2時47分ごろ、白石蔵王行きの10両編成が車両所から仙台駅へ入るため、時速約72キロで走行。地震発生を感知し非常ブレーキで緊急停車したが、4両目の前方の台車2軸が左側へ脱線した。試運転列車で客は乗っておらず、運転士らにけがはなかった。宇都宮―盛岡間ではこのほか、新幹線16本が運行していたが、いずれも脱線しなかった。

報告書によると、現場の高架橋が揺れる周期に近い地震動に襲われたため、共振し大きな横揺れが起きた。走行中の車両が激しくローリング(左右に揺れ)、車輪のフランジがレールに何度もぶつかりながらレール面に乗る「滑り上がり脱線」を起こした。

04年10月の新潟県中越地震で、上越新幹線は横揺れで浮いた車輪がレール面に乗り上げる「ロッキング脱線」をしたまま軌道を滑走、レール締結装置などを大きく損傷させた。

安全委は、04年以降に地震を感知するシステムを改良したり、脱線しても逸脱を防ぐ装置を車両に付けたりしたJR東日本の対策で、被害が低減したと指摘した。

一方で、地震動との共振現象が起こる沿線箇所を解明する研究を同社に求めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報