/

弁当の栄養バランス、園児の母親8割が勘違い

正解は「主食3主菜1副菜2」 JA全中調査

幼稚園児の弁当を作る母親の8割が正しい栄養バランスを勘違いし、野菜や海藻類の割合が足りていない――。全国農業協同組合中央会(JA全中)のアンケートでこんな事情が浮かんだ。

週3回以上、園児の弁当を作る全国の母親千人に3月下旬、ネット上で調査。東日本大震災の直後だったため東北6県と茨城県は除いた。

ご飯や麺類などの「主食」と、肉や魚、卵などの「主菜」、野菜や海藻などの「副菜」の適切なバランスを尋ねたところ、52.0%が「主食3、主菜2、副菜1」と答えた。正しくは「主食3、主菜1、副菜2」で、正解者は21.1%にとどまった。正しいバランスに近い弁当を作っていた母親は6.7%だった。

また4割以上の母親が夫の弁当も一緒に用意しており、うち36.1%が夫には子どもとは違うおかずも作っていた。弁当作りの悩みは「おかずのレパートリーが少ない」が70.5%でトップ。

管理栄養士の太田百合子さんは「肥満の子が増える背景には主菜が多めの食生活があり、幼児には1食あたり野菜を80グラム程度入れてほしい。そして苦手なものを食べたときは大いにほめてあげて」と話している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません