/

ヤフーから偽サイトに誘導 京都銀で不正送金被害

ヤフーの検索サイトに表示された広告で京都銀行の偽サイトに誘導され、預金を不正送金される被害があったことが21日、分かった。

「ヤフー!ジャパン」の検索キーワードに応じて表示される広告に偽サイトへのリンクが表示されていたもよう。何者かがヤフーに広告料を支払い、検索結果の上位に偽サイトが表示されるようにしていたとみられる。

ヤフーによると、問題の広告は11~18日に表示された可能性がある。

京都銀行は21日までに、偽サイトでパスワードなどをだまし取られ、3口座から計約77万円が不正送金されたと発表した。うち50万円はすでに送金先の口座から引き出されていたという。

セキュリティー大手シマンテックの日本法人によると、日本の金融機関でこうした事例は初めてという。

ヤフーは「広告申込時の審査やサイト監視を強化して再発防止に努める」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン