宇宙は138億歳、従来説より1億年高齢
欧州機関が解析

2013/3/22付
保存
共有
印刷
その他

宇宙の年齢はこれまで考えられていたより約1億年長く、138億歳とする最新の研究結果を欧州宇宙機関(ESA)が22日までに発表した。宇宙誕生のビッグバンから間もない時期に放たれた「最古の光」を詳しく解析した。

宇宙は従来説より1億年高齢の138億歳。ほぼ完璧な宇宙図で判明

宇宙は従来説より1億年高齢の138億歳。ほぼ完璧な宇宙図で判明

最古の光は、現在の地球にあらゆる方向からマイクロ波として届き「宇宙背景放射」と呼ばれる。ESAは2009年に打ち上げた宇宙望遠鏡プランクで15カ月間にわたりマイクロ波を調べ、観測可能な最も初期の宇宙図を作製した。

宇宙図にはマイクロ波を温度で表したときに見られるごくわずかなむらがあり、むらの分布から理論的に宇宙の年齢などを算出した。

03年には米航空宇宙局(NASA)のWMAP探査機による宇宙背景放射の観測をもとに、宇宙は137億歳とされ定説となっている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]