/

パイロットが三菱鉛筆提訴 消せるボールペン特許巡り

こすると書いた文字を消せるボールペンを巡り特許を侵害されたとして、パイロットコーポレーション(東京・中央)が21日までに、三菱鉛筆(東京・品川)を相手取り、製造販売や輸出の差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こした。

問題となったのは、温度が一定以上になると色が消えるインクを使うことで、こすって熱を加えれば文字を消せるボールペン。訴状によると、パイロットは2010年に関連特許の登録を受けており、三菱鉛筆の同種商品が特許を侵害していると主張している。三菱鉛筆側は争う構え。

こすって消せるボールペンはパイロットが「フリクションボール」、三菱鉛筆が「ユニボールファントム」などの商品名で販売している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン