/

架空金先物で詐欺の疑い 12人逮捕、11億円被害か

金の先物取引で元本を保証するとうそを言い、出資金をだまし取ったとして、千葉県警は21日、東京都の取引会社「J・E・Tパートナーズ」の実質的経営者、川崎哲平容疑者(40)=東京都豊島区西池袋5=と会社員ら計12人の男女を詐欺の疑いで逮捕した。

県警は2008年以降、社名を何回も変えながら、15都県の約1200人から約11億円をだまし取ったとみて、裏付けを進めている。

逮捕容疑は昨年11月~今年1月、神奈川県の無職の女性(62)ら2人に架空の金の先物取引を持ち掛け「元本を保証し、絶対に損はしない」とうそを言い、計525万円をだまし取った疑い。

県警によると、川崎容疑者と一部の社員は「金の取引はあり、だましていない」として容疑を否認している。

川崎容疑者らは、利益が出たとして1度だけ10万円程度を出資者に渡して信用させ、残りの出資金をだまし取っていたとみられる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません