/

1万円札偽造の疑いで再逮捕 高速道で脅迫の元愛知県警警察官

一万円札を偽造したとして、愛知県警捜査2課などは21日、元同県警交通部運転免許課の巡査部長、遠藤孝被告(50)=脅迫や銃刀法違反などの罪で公判中=を通貨偽造の疑いで再逮捕した。

再逮捕容疑は、県警の警察官だった2004年ごろ、自分で使うために自宅で、一万円札の表裏をスキャナーで読み取り、プリンター用紙に両面印刷するなどして11枚を偽造した疑い。

同課によると、遠藤容疑者は偽造についておおむね認めているが、紙幣は「使っていない」と供述。ただ同容疑者の車内から押収したニセ札と同じ記番号の3枚について被害届が出ており、同課は実際に使用した疑いもあるとみて調べている。

遠藤容疑者は7月、名古屋市内の高速道路を車で走行中、会社員の車に拳銃の形をした催涙スプレーを向けて脅したとして逮捕された。県警が同容疑者の車を捜索したところ、偽の一万円札8枚が見つかったという。

遠藤容疑者は脅迫罪などで起訴され、県警は9月に懲戒免職処分にしていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン