/

千葉・柏で57.5マイクロシーベルト計測 「原発影響考えにくい」

千葉県柏市は21日、同市根戸の市有地で毎時57.5マイクロシーベルトの高い放射線量を計測したと発表した。原因は不明だが計測値が極端に高いため「福島第1原子力発電所事故の影響とは考えにくい」(総務部)としている。

現場は更地で、57.5マイクロシーベルトは地表から30センチ程度掘ったところで計測。10メートル離れると毎時0.3マイクロシーベルトまで低下した。市は半径3メートル以内を立ち入り禁止にし、24日以降に土の除去などを進める方針。

18日に市民から高い放射線量を計測したとの連絡を受け調査した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン