トランス脂肪酸、食品に含有量表示へ 消費者庁が指針
義務化も視野

2011/2/21付
保存
共有
印刷
その他

マーガリンなどに含まれ、過剰摂取すると動脈硬化などを引き起こすとされるトランス脂肪酸について、消費者庁は21日、食品事業者が任意で含有量を表示する際の指針をまとめた。同庁はこの指針をベースに、トランス脂肪酸の表示を他の栄養成分とともに義務化する方針。義務化に先立ち、なるべく指針に沿った表示にするよう関連の業界団体に要請する。

トランス脂肪酸に関する
表示指針の概要
  • 飽和脂肪酸、コレステロールの含有量も一緒に表示
  • たんぱく質などの一般栄養成分とともに枠内に表示
  • 表示と実際の含有量の誤差は+20%までが許容範囲
  • 食品100グラムあたりのトランス脂肪酸の含有量が0.3グラム未満なら「0グラム」でもOK
  • 「○%カット」などの表示の場合、比較対照となる食品と低減量を明示
  • 分析方法はホームページなどで公表

指針によると、トランス脂肪酸の含有量を表示する際には、熱量やたんぱく質などの一般的な栄養表示のほか、脂質の一種で同じように心疾患につながる恐れがある飽和脂肪酸やコレステロールの含有量も合わせて表示する。

食品100グラム(飲料水などは100ミリリットル)あたり0.3グラム以上のトランス脂肪酸が含まれる場合は含有量を明示し、0.3グラム未満の場合は含有量0グラム、または「ゼロ」「フリー」などと表示できる。

この指針自体に事業者への強制力や罰則はないが、仮に事業者が不適切な表示をすれば景品表示法違反になる可能性がある。

トランス脂肪酸はマーガリンやショートニング、これらを原材料とする菓子パンやケーキなどの食品、揚げ物などに含まれており、米国や韓国などではすでに表示を義務付けている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]