帝政ローマのガラス玉か 京都で出土、成分一致

2012/6/21付
保存
共有
印刷
その他

京都府長岡京市にある宇津久志1号墳(5世紀前半)で出土していた重層ガラス玉が、1~4世紀の帝政ローマ領内で製造されたものと同成分だったことが分かり、長岡京市埋蔵文化財センターと奈良文化財研究所が21日、発表した。重層ガラスとしては国内最古級という。

京都府長岡京市の宇津久志1号墳で出土していた重層ガラス玉=共同

奈良文化財研究所の田村朋美研究員は「中国南部でも同時期の重層ガラス玉は見つかっており、海路で日本に伝わった可能性もある」としている。

宇津久志1号墳は一辺約7メートルの方墳で、1988年に、管玉などの副葬品とともに最大で直径5ミリの重層ガラス玉3点が出土したが、成分分析されていなかった。

同研究所が昨年度、蛍光エックス線分析で調査した結果、3点全てに金箔が付着していたほか、ガラスを溶かす際に、ローマ・ガラスの特徴である「ナトロン(蒸発塩)」を用いていることが判明。当時、帝政ローマの領内だったエジプトにはナトロンの産地があり、シリアと並んでローマ・ガラスの産地とされる。

ガラスは黄色っぽく、表面に金箔を張り、さらにガラスで包むように製造。同研究所によると、新沢千塚126号墳(奈良県橿原市)でも5世紀代の重層ガラス玉が見つかっており、ともに国内最古級だが、新沢千塚の出土品は成分分析されていない。

成分が判明した重層ガラス玉は11月に長岡京市埋蔵文化財センターで展示される予定。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]