2019年1月19日(土)

たばこの箱、宣伝文句ダメ 豪で「世界初」の法案可決

2011/11/21付
保存
共有
印刷
その他

オーストラリア連邦議会の下院は21日、喫煙率を下げるため、国内で販売されるたばこの箱から宣伝色を一掃する「世界初」(豪政府)の反喫煙法案を可決した。既に上院も通過しており、総督の同意を経て近く成立する。たばこ業者はこれを踏まえ、来年12月からロゴやイメージカラー、宣伝文句などを箱から排除するよう規制される。

業界側は知的財産権の侵害などと反発。米たばこ大手フィリップ・モリスのアジア法人(香港)は同日、国連国際商取引法委員会の仲裁規則に基づいて法的措置の手続きを始めたと発表し、巨額の賠償請求も辞さない方針を示した。

政府側は「利益を守るために闘う業者側に対し、われわれは国民の命を守るために闘う」と一歩も引かない構えだ。

反喫煙法は、健康被害を連想させる写真や警告文を大きく印刷することも要求。銘柄名は規定のフォントや色を使い、定められた位置に目立たなく表示される。(シドニー=共同)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報